くらしとすまいラボ

  • HOME
  • 共働き
  • 共働き家族研究
共働き
REPORT01

共働き家族研究

少子高齢化の進行により女性の社会参加が重視され、共働き家族における家事分担も進みつつありますが、実際にはまだまだ妻の負担が多いのが実情。一方、限られた時間の中では家事しているときも大切な家族の触れ合いの時間となっているよう。調査から垣間見える共働き家庭におけるさまざまな実情と、これからの「暮らしと住まい」の考え方について探ります。
なお、「数字で見る共働き家族」は、調査データの数値を使って作ったクイズです。解いてびっくり、お楽しみください。

数字で見る「共働き家族」

こちらは、暮らしと住まいに関する調査データを、数字のクイズにアレンジしたものです。意外な結果にびっくりすることもありますから、ぜひチャレンジを! そして、さらに詳しい調査結果をご覧になりたければ、<正解と解説>ページにある「さらに詳しく」ボタンをクリックしてください。

Q1妻の年齢が25~29歳の家庭で、家事負担について「妻のほうがやや多くを負担」と回答した割合は?

  • A.17.1%

  • B.31.4%

  • C.42.9%

Q2共働き世帯で、「家事は夫婦が平等で」と考えているフルタイム妻の割合は?

  • A.66.4%

  • B.50.5%

  • C.31.1%

データで見る「共働き家族」

  • 働くママは、就業意識が
    高く「働きたい」から
    「働いている」

    フルタイム、パートタイムともに働くママたちの「働きたい」意識は高く、フルタイム層では「できれば就業していたい」という方が6割強に。

  • 時間的にゆとりがない。
    増やしたいのは
    「家族時間」

    フルタイム勤務ママの約半数が、「自分の時間」と「家族の時間」を増やしたいと回答。

  • フルタイムで働くママは、「メリハリ」をつけて家事をこなす

    フルタイムで働くママは、掃除・片づけを週末中心に週1~2回時間をかけてすませるなど、家事を「メリハリ」つけてこなしている。

  • フルタイムで働くママの家庭では、家事は「分担」して担当

    フルタイム勤務ママの家庭の家事分担意識は夫婦ともに高く、他の家庭よりも分担率も高いものの、実際のママの負担はまだまだ大きい。

  • フルタイム勤務ママの家族は、「みんな」で「同じ空間」で家事をする

    フルタイム勤務ママの家庭では、キッチンも洗濯空間もオープンにして、家族「みんな」で「同じ空間」で家事をする傾向が。

  • 共働きママの気がかりは、「子ども」のこと

    フルタイム、パートタイムともに、働くママの困りごと・心配ごとは「子ども」のこと。特に気がかりなのは、「病気」と「子どもだけの留守番」など。