くらしとすまいラボ

リリースRELEASE

人と住宅、人と暮らし、また暮らしと環境など、さまざまなテーマで研究を続けている住環境研究所では、皆様の暮らしに役立つ多くの研究結果をニュースリリースとして発表しています。以下、すでに公表された「リリース」は、どなたでもご参照いただけますので、ぜひご高覧ください。また、さらにくわしいデータをまとめた「研究レポート」をご用意している調査もございます。こちらをご覧になりたい場合は、本サイトの「お問い合わせ」画面に表示されている電話番号まで直接お問い合わせください。

*本サイト掲載のデータ等の無断転載・転用は固くお断り申し上げます。
転載・転用をご希望の際は、必ず弊社までご連絡ください。

  • ミニニュースレター2018.03.28

    増える親家空き家の実態

    急速に進む少子高齢化や人口の一極集中のあおりなどを受け、現在全国的に「空き家」問題が深刻化しつつあります。そんな「親家空き家」にフォーカスし、その子世代に当たる50~60代の方に「親家空き家」を現在どうされているか、また今後どうされる予定かなどについてさまざまに伺ってみました。

  • ミニニュースレター2017.12.27

    20才代の住まいへの意識 「自分らしく」、「家族を大切に」をより重視

    少子高齢化や停滞気味の経済状況などを受け、次の10年の住まいづくりはどのように変わっていくのでしょう。そこで今回は、これからの住宅建築・購入層の核となる20歳代の皆さん(すでに建築・購入済みの方も含む)に、「住まいに関する意識」について伺ってみました。

  • ミニニュースレター2017.10.11

    子育て世代の睡眠への満足度調査 働くママより専業主婦ママが低い結果に

    一生のうち3~4分の1の時間を、人は眠って過ごすと言われています。そんな「睡眠」は、人間にとって心身ともに非常に重要な要素であり、「時間」ばかりでなく「質」も大きなポイントになります。そこで今回は、「30~40歳代の女性の睡眠状況」について調査してみました。

  • リリース2017.07.12

    「住まいにおける空気質と健康配慮」調査

    人が暮らしていく上で、住まい(室内)のさまざまな空気環境は健康面に大きな影響を与えます。この調査では、そんな室内の空気質と健康配慮について明らかにします。

  • リリース2017.03.27

    同居・二世帯の住まいづくりと家計

    「同居・二世帯の住まいづくりと満足度」調査(当サイト参照)第2弾として、同居・二世帯の家計における満足度についてさまざまに探ってみました。

  • リリース2016.12.25

    同居・二世帯の住まいづくりと暮らし満足度

    同居・二世帯の暮らしには、世帯間のむずかしさがあります。暮らし満足度が高い家族の実態を通して、快適な住まいづくりのポイントを探ってみました。

  • ミニニュースレター2016.09.21

    小規模戸建住宅の満足度

    小規模住宅の満足度は、何によって決まるのか? この疑問を解く鍵は、「浴室」に。しかも、その浴室が1階、2階のどちらにあるかで満足度は大きく変化します。

  • ミニニュースレター2016.06.22

    大人の親子世帯の家づくり実態

    大人の親子世帯とは、30~40代の未婚の子どもと親が一緒に暮らす世帯のこと。調査の結果、親子や子の性別で住まいの価値観が違うことが浮き彫りになりました。

  • リリース2015.05.20

    時差家族の住まいと暮らし満足度

    生活時間に時差がある家庭では、主婦にもっともストレスが溜まるよう。なかでも、ストレスの大きな要因となるのが「睡眠環境」における時差の問題でした。

  • ミニニュースレター2014.08.01

    共働き家族の暮らしと意識・1

    共働き家庭における家事の分担率は高まってきてはいますが、子どもの年齢が高くなるほど、また妻の年収が低いほど妻の分担が増える傾向が見られました。

  • リリース2014.02.05

    共働き家族の暮らしと意識・2

    共働き家族で暮らす妻が望むのは、「家族とともにいられる時間」。同様に気になるのは、「子どもの病気や留守番」など子どもに関することでした。

  • リリース2012.11.06

    定年後の夫婦2 人の暮らし方

    リタイアした男性は妻への依存度が高まり、妻はそれまでの自分のスタイルを守って外向的に暮らす傾向が。また、定年後には家事に励む男性が増えるようです。

  • リリース2010.09.22

    老後の理想の住まい

    老後の住まいで人気が高まってきているのが、平屋。また、要望が高かったのは「維持管理がラク」「光熱費などが抑えられる経済的」な住まいでした。

  • リリース2010.06.10

    中高齢者の生活意識と老後の住まい

    中高齢者層で高まるのは、「健康」と「お金」に関する意識。健康では「睡眠」や「食事」に気をつけ、お金に関しては「働く」「投資」より「節約」が一番に。